あごのにきびの予防方法

大人になってから発生するにきびで多いのが、あごのにきびです。

あごのにきびは、色素沈着などの跡も残りやすいので、注意が必要です。


あごのにきびの原因で多いのが、ホルモンバランスの乱れです。



そのため、肌トラブルの症状を改善したい場合は、ホルモンバランスを整えることが非常に大切なのです。
ホルモンバランスは、ストレスの影響を受けるので、可能な限りストレスを溜めないようにして、睡眠をしっかりと取るようにしましょう。

豆腐や豆乳、納豆などから大豆イソフラボンを摂取することも、肌トラブルの予防には効果があります。

生活習慣の改善と同様、スキンケアのチェックも大事です。

NAVERまとめならこちらのサイトがオススメです。

夜、メイクアップを落とす時に、すすぎをしっかりと行っていたか、肌質に合った洗顔料を使っているかなどをセルフチェックすることで、意外な原因を発見することもあります。

にきびができてしまって早く治したい場合は、皮膚科の医師に相談すると、適切な治療薬を処方してくれます。



最近は、シミや吹き出物の治療に力を入れている皮膚科クリニックも増えています。


自宅でケアする場合は、ビタミンC誘導体を配合したローションが人気です。
あごの肌トラブルは、シミなどの色素沈着が残りやすいのですが、ビタミンC誘導体を配合したローションや美容液を使うと、色素沈着の改善が期待できるのです。

また、ビタミンCが含まれているローズヒップティーも女性に人気があります。

ローズヒップティーは、抗炎症効果だけでなく、メラニン色素を還元してくれる作用があり、黒ずみが肌に残りにくくなります。