にきび予防で大切なこととは

にきびや跡はすぐに完治することができる治療は現在の医学ではありません。

まずは、にきびを作らないことがとても大切です。

予防をするために大切なこととして、まず、睡眠が重要となります。
睡眠不足はホルモンバランスを乱す、ターンオーバーを妨げるなどのリスクがあります。

睡眠を十分にとるのが難しいという場合には、質のよい睡眠を取れるように生活パターンを改善することが大切です。

All About関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

適度な運動や、入浴などで熟睡できるような環境を整えることも大切です。



次に、ビタミン類とともにたんぱく質を取り入れることが大切です。


たんぱく質は不足すると新しい肌を作れなくなり、古い角質が剥離しなくなることで、毛穴が塞がって、にきびの原因となってしまいます。
バランスの良い食生活がとても大切です。



肌を乾燥させないように、肌を保湿することが大切です。

化粧品の中でビタミンCを配合したものを取り入れると、ビタミンCは皮脂の分泌量をコントロールしたり、炎症を抑えたりする働きがあるため、にきびを繰り返す人にも有効です。

ストレスにはホルモンバランスを乱すので、ストレスをためないことも必要です。

気にしすぎもストレスの原因となってしまうので、リラックスする時間を作るなどを心がけることが大切です。

にきび予防には、生活習慣がとても大きくかかわってきます。バランスの良い食事と、質の良い睡眠、ストレスをためないことを実践し、適切なスキンケアを行うことで、予防につなげることができます。