にきび予防に紫外線対策

肌は、外部からの刺激を受ければダメージが蓄積されます。

その刺激というのは、紫外線や細菌など様々ですが、とくに紫外線はシミやソバカスの原因だということは知られていますが、にきびにも悪影響を与える存在であり、予防という意味でも対策をとらなければなりません。
まずは、降り注ぐ紫外線から肌を守るために、日焼け止めを肌に塗りこみます。



注意しなければいけないのは、直接太陽から降り注ぐ紫外線だけでなく、地面に反射した紫外線や空気中で散乱した紫外線と三種類あることです。



ですから、影になる部分だからと日焼け止めを塗り忘れていれば、知らぬ間に肌にダメージが加えられている可能性があります。それから、日焼け止めでも、100%の紫外線を防いでいるわけではありません。
ですから外出して帰宅をした後に、スキンケアをしなければ紫外線で乾燥した肌のままになります。乾燥はやがて固く毛穴が細くしてしまい、皮脂が少しでも詰まってにきびの原因となるのです。


保湿をすることで、乾燥を防ぎ紫外線による炎症を鎮めます。
さらに大量の紫外線は体の免疫機能を下げてしまいます。

本来ならば肌の表面にいる常在菌は、肌を守る役割もあるのですが免疫力が下がると、大量の繁殖してしまいます。

エキサイトニュースの情報サイトへお越しください。

すると、にきびの原因であるアクネ菌も活発になってしまうのです。
紫外線で免疫力の低下を防ぐためには、食事や適度な運動をすることです。

免疫力を高めるためには、ヨーグルトや納豆など腸内環境を整える食品が最適です。